Introduction 序文

オリジナル版ストーリー

「俺たちってほら……何て言うか、平面的な感じがしないか?」
「絵に描いたみたいって言うか……2次元的なって言うか……」
「そんな、存在してないみたいな存在だからこそ、幸せなんだろうな」


樹たち家族がたどり着いた優しい楽園―― 

『自律システム』―― 

目に見えない超越的な存在に支配され、
無意識下でコントロールされている。

法、慣習、ミーム、それらの総体的な意志がシステムの正体だとしたら、
その意志と会話することはできないだろうか?

樹たちを逃がすまいとする『世界』。

その世界の意志を挫くために災いを呼び寄せようとする樹たち。

家族とは?
世界とは?


それはシステムとの闘い――

わかりやすい版ストーリー

クリスマスがやってくる。
七枷家の面々は至って普通の日常を過ごしていたが、
ある時、家族が一人減ったあの日から何年も放ったらかしにされたまま
荒れ放題になっていた裏庭が目に入る。

「私が覚えてる裏庭はもっとキレイでした。
「鉢植えは色とりどりの花を咲かせ、
 水瓶は水で満たされ、ししおどしが澄んだ音色を響かせていた」
「それもこれも、全部、私が止めてしまったんですね」

まるでそれらが全部、自分のせいでそうなったみたいに
すまなそうな口調で琴子が言った。

この裏庭を作り直し再生させることで、
今まで見ようとしなかったものを観ようとする樹。


だが、それは家族にとって、また世界にとって、
超越的な存在――【システム】との闘いの始まりだった

サンプルストーリー:樹

オムニバスシナリオ

琴子シナリオ サンプルストーリー:琴子 結衣シナリオ サンプルストーリー:結衣 ギズモシナリオ サンプルストーリー:ギズモ 式子シナリオ サンプルストーリー:式子 柚シナリオ サンプルストーリー:柚